• ホピ 22-0252 スティーブ・ラランス作 『ウォーター・デザイン+フォーリング・レイン』トゥーファキャスト・ブレスレット
  • 価格:149,040円(本体 138,000円、税 11,040円)

商品説明

▼ 商品説明の続きを見る ▼



トゥーファキャスト(Tufa Cast)製法とは・・・

トゥーファと呼ばれる軽石を鋳型に用いたキャスト製法で、砂で鋳型を作るサンドキャスト(sand Cast)製法の発展型です。軽石にデザインを彫って、溶かしたシルバーを流し込み作品を作ります。ジュエリーの表面に、軽石独特の気泡の凹凸感ある跡が残るのが特徴です。

軽石そのものが割れやすい上に、溶かした銀の熱で更にもろくなる為、同じ鋳型で2〜3個の作品を作るのが限界といわれています。それ故に手間がかかり、作り手も非常に少ない製法です。

スティーブさんが使うトゥーファは、故チャールズ・ロロマ氏が使っていた物と同じ、ホピ・リザベーション内で採掘された物だそうです。



作者名 スティーブ・ラランス (Steve Wikviya LaRance) の略歴

  • 1958年、アリゾナ州フェニックス生まれ
  • 父はフランス系のEd Laurence、母はホピ族「太陽」出身のRosella Albert。サードメサ、モエンコピ(Moenkipi、Moencopi、或いはMunqapi)の所属だった
  • ファーストネームを元々のフランス系「LaRance」に戻す
  • 父親がアメリカ軍に従事していた関係で、子供の頃はコロラド州、カリフォルニア州、グァム等に転居を繰り返していた
  • 12歳の頃、ホピ・リザベーションに戻り、カチーナドールの彫り方や弓矢の作り方等を習得する
  • 高校在学時から、絵画やアート全般への関心を深める
  • 大理石やブロンズ彫刻家として社会人のスタートを切る
  • 長男Nakotar(フープダンスの世界チャンピオン)が1989年に生まれた後、シルバージュエリー製作を始める
  • 程なくして、妻Marian Denipar-LaRanceとの共同製作を始める
  • セレモニー等でのインディアンドラムやフルート演奏、歌唱も精力的に行なう
  • 次女はシルク・ド・ソレイユのダンサー(2016年春現在)
  • 現在は、ニューメキシコ州Ohkay Owingeh(旧San Juan Pueblo)在住
  • 来日歴もあり、大の親日家。好物は、キリンの一番搾りと味噌ラーメン


裏面には、「HOPI」、出身の母族を象徴する「サンフェイス」(Sunface、太陽の顔)、ホピ名である「Wikviya」がフリーハンドで刻まれています。



  • Sterling Silver(スターリング・シルバー 銀純度92.5%以上)を使用しています
  • 幅 14.8 x 厚さ 2.8 mm
  • 内寸 46 x 61 mm
  • 開口部を含む内周 170 mm(サイズ調節が若干可能です)
  • この作品はハンドメイドの為、現在庫1点のみです。どうぞご了承下さい。



価格:149,040円(本体 138,000円、税 11,040円)

注文

購入数:

お気に入りに追加済

送料・代引き手数料は全国無料でお届けします
お支払方法は、クレジットカード オンライン決済、銀行振り込み(先払い)、
佐川急便の代引き「eコレクト」からお選びいただけます
詳しくは、このページの一番下をご一読下さい



こちらの商品もお勧めします