出張先である本場ニューメキシコ州チマヨ、サンタフェ、アルバカーキ等でみつけたビンテージ・チマヨ・ブランケットです。その多くが第二次大戦前〜1960年代製で、現在の織り柄とは雰囲気の異なる物が圧倒的に多いです。

また、現在ではほとんど見掛けなくなった、通称「グレー・ワープ(Grey Warp)と呼ばれる霜降りグレー、チャコールゴレーの経糸(たていと)を使用した希少な年代物もあります。

商品検索

価格帯検索
円 〜