ショッピングカートの中身を見る マイページへログイン ご注文・ご利用方法 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

【直輸入純正品】コディー・サンダーソン作 02-0432 『ギア・プレーンエッジ』ブレスレット


現在、新進気鋭のインディアンジュエリー・アーティストの中で最も注目されている一人。アリゾナ州ハード・ミュージアム主催のショーで『2008年ベスト・オブ・ショー』を受賞した、コディー・サンダーソンさんの作品です。

伝統的なデザインをベースにしつつ、シャープでコンテンポラリーなデザイン、大胆かつ斬新なアイディアが大きな魅力であり、また人気の秘密です。



このブレスレットのデザインは、彼が社会人として最初に就いたアメリカ海軍の戦艦内の「歯車=GEAR(ギア)」をイメージしたものです。


カジュアル・ウェアとの相性の良さは勿論ですが、スーツ・ファッションとのコーディネイトなどにもお勧めします。



【直輸入純正品】コディー・サンダーソン作 02-0432 『ギア・プレーンエッジ』ブレスレット

価格:

151,200円 (本体 140,000円、税 11,200円)

購入数:
返品期限・条件 ご返品についての詳細はこちらをお読み下さい
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる



作者コディー・サンダーソン(CODY A. SANDERSON)の略歴


  • 1964年ニューメキシコ州ギャラップ生まれ、アリゾナ州ウィンドーロック育ちです。
  • 父方はホピとピマ、母方はナバホとナンベ(ニューメキシコ州北部)の血筋を引いています。
  • 1982年ウィンドーロック高校を卒業後、アリゾナ州のメサ・コミュニティー・カレッジに2年間通いました。
  • 1985年から1990年の間、EMT(Emergency Medical Technician、救急医療技術士=救命士)として、アメリカ海軍に勤務。その後、サンタフェ市に移住するまでの約3年間、ウィンドーロックでカイロプラクティック・セラピストの勉強を続けていました。
  • 1994年からは、アルバカーキ市の有名なジュエリーショップ『M.M.Rogers』で、営業販売を約8年間経験します。この頃からジュエリー製作に関心を持ち、自宅のキッチンで製作を開始したのが2001年。彼が37歳の時でした。
  • その後、メタル・ファブリケーション・インストラクターのSabra Sowellと若手インディアンジュエリー作家David Gaussoinのワークショップを受講し、本格的なロストワックスの技法を学びます。
  • 2005年、ジュエリー製作を始めてから僅か4年で、SWAIA(Southern Western Association for Indian Arts)の会員資格を受けます。
  • 2008(平成20)年春、ハード・ミュージアム(HEARD MUSEUM)主催のハード・インディアン・マーケット2008(HEARD INDIAN MARKET 2008)で、ベスト・オブ・ショー(BEST OF SHOW)を受賞しました。
  • 現在、新進気鋭のジュエリー・アーティストの中で、最も注目される一人といわれています。伝統的なインディアンジュエリーのイメージをベースにしつつ、コンテンポラリーなデザインとアイディア溢れる作風は、とても斬新です。スターリングシルバー以外の素材にも挑戦し続けており、今後も彼の創作意欲は旺盛です。



  • Sterling Silver(スターリング・シルバー 銀純度92.5%以上)を使用しています
  • 幅 11.8 x 厚さ 7.2 mm
  • 内寸 47 x 62 mm
  • 開口部を含む内周 175 mm(サイズ調節が若干可能です)
  • 作者名 : コディー・サンダーソン (CODY SANDERSON)
  • アメリカ製
  • ハンドメイドの為、現在庫は1点のみです。
  • ご覧になる液晶の特性によっては、色合い等が実物と若干異なって見える場合がございます。どうぞご了承下さい。


裏面にまで丁寧なスタンピングを施すことにも、彼独特のこだわりが感じられます。

彼の作品の裏面には、トレードマークである『CAS』(Cody A. Sandersonのイニシャル)、出身である『NAVAJO(ナバホ)』、素材を示す『.925』(スターリングシルバーの表示)の刻印があります。



 

彼と最初に出会った通算56回目のニューメキシコ州出張 2007(平成19)年11月9日(金)以来、おかげさまで彼との交流は続いています。

当店で販売するコディー・サンダーソン作品は、全て直輸入の純正品です。




コディー・サンダーソン作品をお買い上げのお客様には、以下の3点を同封致します。

ページトップへ